不動産専門  ホームページ制作・Web戦略.jp|エステートバンク

費用をかけずに良いHPを作るコツ


  不動産業界における「良いホームページ」とは?

不動産会社のホームページに一番必要な印象は、「この会社なら安心」と「この会社なら物件が豊富そう」と思ってもらえるか否かで決まる。ネットを見ている人たちは、平均2.6社に問い合わせをすると言われているため、全国に25万社も不動産会社はあるので、エリア限定をしても相当数の数の同業者から選ばれるホームページでなければならない。

 


ホームページ運営でコストがかさんでしまう理由
 

常に良い状態でホームページ運営するには、情報の変更・更新が欠かせない。それを怠るとたちまちサイトは輝きを失ってしまうので、常に新しい情報を更新していく必要がある。そして、その必要なことをやろうとすると、ちょっとしたテキストの修正でもホームページ制作会社に連絡をして、修正をしてもらう。
 
 

この時、少々の費用がかかる。一回一回はわずかな費用でも、年間でみると結構な金額になってしまい、また制作会社とのやりとりの時間も御社の担当者の時給で考えれば、思っている以上に費用がかかっていることに気がつくだろう。

 


変更・更新が簡単に社内でできると「マーケティング」に投資ができる!


 

このようなコストと時間を売上げ向上やビジネス成果を出すためのお金と時間に変えられないかと、思ったことはないだろうか。実際にそれを可能にするためのツールがCMSである。


→→ 下記を読むより、対面で説明を受けたい方はこちら


 

大規模サイトと小規模サイトではメリットが違うCMS

大規模サイトにおいては、CMS(コンテンツマネジメントシステム)と言われるとおり、コンテンツのマネジメントがシステム化されることにより、遠隔地であっても承認を部下上司でやりとりしたり、膨大な情報を一元管理することで、情報を正確に管理できるマネジメントサポートツールとなる。
 
 

例えば売上げ情報を会社概要ページ、採用情報ページ、IR情報ページに掲載していたとする。通常の更新だと、各ページに修正を入れていたが、CMSを活用すれば、1カ所の情報を修正すれば、その情報がでている全てのページに反映されるため、ありがちだった、人的ミスがなくなる。



小中規模サイトの不動産CMS活用メリット 


大規模サイトのように情報の一元管理や承認機能などは、不要な場合が多くなる。「時間短縮」と「コスト削減」が大きなポイントとなるため、少ない機能で使い勝手のシンプルなものが活用しやすい。特に大企業がかけられるようなコストをかけられない中小企業は、投資したい時間はホームページ更新する作業ではなく、発信する情報やマーケティングを考える時間であり、効果検証をする時間である。


→→CMSについて、相談をしたい方はこちら。



物件情報システム

良いホームページの条件に欠かせない物件入力システムや、物件検索システム、お問い合わせ管理機能など、ゼロ開発したら数百万円〜数千万円かかってしまうものも、無料または安価で導入することができる。

→→ 物件情報システムについて、相談したい方はこちら 。